垂れ胸をサイズアップする方法

女性のバストは、遺伝や生活習慣などによって脂肪の付く場所が微妙に変化します。普段の姿勢や体のバランスによっても、バストの状態は微妙に変化しています。

 

バランス良く脂肪がつけばきれいなバストになりますが、胸のついている位置や志望の付く場所によっては垂れた形になることも。若い頃は適度にハリがあったのに、年齢を重ねるうちどんどん垂れ胸になっていくパターンもみられます。

 

一度垂れた胸を完全に上向きにするには、物理的な手術しか方法がないと言われています。しかし元々サイズが大きくない方は、サイズアップによってある程度形を整えることができます。

 

バストが年齢不相応な状態まで下垂してしまったら、糸などを使って引っ張りあげる形成外科手術などがおすすめです。しかしそこまでする必要がないのならば、手術後のリスクを避けるという意味でも、自宅や職場で気軽にできるエクササイズや食べ物によるバストケアが良いかと思います。

 

手術以外で胸のサイズアップに直結する方法としては、以下のような方法があります。

  1. 食べ物
  2. 筋トレ(姿勢の癖を直す)

それでは早速、1と2のそれぞれの方法についてみていきましょう。

胸をサイズアップする食べ物

胸は脂肪だけでできているものではなく、血液や筋肉などがバランスを取ることで形作られています。

 

バストのハリを保つには、日ごろから血流を低下させない体づくりが大切であり、ショウガなどの体を温めてくれる食べ物を適度に摂取することで、体の血の巡りを良くすることができます。

 

冷たい飲み物は常温か温めて飲むようにし、体温を下げる食べ物を避けることもバストアップに繋がります。

 

血流を改善しながら、女性ホルモンのバランスを改善する食べ物も併せて取るようにしましょう。大豆イソフラボンやプエラリアなどはエストロゲンに似た作用を与え、バストアップ効果が期待できます。

 

女性ホルモンの分泌を助ける食品には、ナッツ類や卵なども効果的です。たくさん食べる必要はありませんが、無理のない範囲で普段の食事にプラスしてみてください。

胸をサイズアップする筋トレ

胸のサイズアップには筋トレ(筋力トレーニング)も欠かせません。特に胸のまわりを支えている大胸筋を鍛えなければ、胸はどんどんハリを失っていき、下垂につながる可能性があります。

 

1.胸の前で行うエクササイズ
背筋を伸ばして、正しい姿勢で胸の前で合掌します。この時ひじは肩のところまで上げておきます。

 

息を吐いて手のひら同士を押し、15秒キープ。疲れない程度に、胸の筋肉を意識して行いましょう。目安としては、一日5回程度行うと効果的です。

 

2.胸の後ろで行うエクササイズ
両手をお尻のところで組み、肩甲骨を中央に引き寄せるようにして、そのまま腕を曲げずに限界まで引き上げます。二の腕が張るくらいまで引き上げると効果的です。毎日10回程度、ゆっくりと繰り返してください。

 

1と2のエクササイズを無理のないペースで行いつつ、普段の姿勢も改善していきましょう。猫背は上半身の筋肉のバランスを崩し、垂れ胸の原因にもなる姿勢です。

 

寝ている時以外はできるだけ背筋を伸ばし、あごを軽く引いて腰骨を前に出すようにして、正しい姿勢をキープしてみてください。

 

関連ページ

プエラリアは飲むタイミングが大切
本当に効くバストアップサプリで胸のサイズアップを実現しましょう。
プエラリアは副作用が怖いって本当なの?
バストアップサプリの成分「プエラリア」、バストアップ、美肌、美髪、更年期障害の緩和など女性にとってうれしい効果があるといわれている反面、」副作用もあるといわれていますが、実際にはどうなのでしょうか。
プエラリアの効果って何?
本当に効くバストアップサプリで胸のサイズアップを実現しましょう。